2010年06月07日

菅氏優位、樽床氏追う=4日に民主代表選、新首相指名―小沢グループは自主投票(時事通信)

 鳩山由紀夫首相の後継を選ぶ民主党代表選は3日、菅直人副総理兼財務相(63)と樽床伸二衆院環境委員長(50)の一騎打ちとなる構図が固まった。菅氏が幅広い支持を集める中、最大勢力の小沢一郎幹事長を支えるグループは自主投票を決定。小沢グループの結束が乱れることで、菅氏が優位に立ったとの見方が強まった。代表選は4日午前に告示され、党所属国会議員423人の投票で昼すぎに新代表を選出する。
 新代表は同日午後の衆参両院本会議で第94代首相に指名され、夜にも新内閣が発足する運びだ。
 菅氏は3日夜、党本部で記者会見し、正式に出馬を表明。「これぞ本来の民主党と言える民主党をつくらなければならない」と述べ、党改革に取り組む決意を示した。小沢氏の処遇に関しては「しばらく静かにしていただいた方がいい」と、要職に起用する考えのないことを明らかにした。
 樽床氏も会見し、「世界のリーダーは新しい世代に若返りしている」と述べ、世代交代の必要性を強調した。小沢氏との関係については「すべて親小沢、反小沢の二極に分ける考え方には立っていない」と述べた。会見に先立ち、松本剛明衆院議院運営委員長、三井辨雄国対委員長代理ら小沢氏に近い中堅・若手約40人が集まり、樽床氏の擁立を決めた。
 菅氏は、小沢氏と距離を置く議員に支持を広げており、前原誠司国土交通相と野田佳彦財務副大臣をそれぞれ中心とする議員グループは3日、相次ぎ菅氏への支援を決定した。岡田克也外相や玄葉光一郎衆院財務金融委員長は、「権力の二重構造」の是正などを条件に支持を表明。横路孝弘衆院議長を中心とする旧社会党系グループも、菅氏支持を決めた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月

<岡本倶楽部事件>弁護士会が電話相談と被害者説明会開催へ(毎日新聞)
山田氏、東京から出馬 日本創新党が結党大会(産経新聞)
鳩山首相「正確に言うとまだ総理で…」(産経新聞)
【首相辞任】参院選「7月11日が望ましい」 小沢幹事長(産経新聞)
ジューンブライドって本当!? 岩手めんこいテレビ・大久保涼香アナウンサー(産経新聞)
posted by セキモト ヒデヅグ at 13:23| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。